はじめにお読み下さい

私がED(勃起不全)になったのは今から2年前のことでした。(以下ED)

その当時私は仕事がとても忙しく、年間の休日が僅か2日でほとんどの日が終電で帰るという生活を送っていました。最初は頑張ることができていたのですが、徐々に疲労が溜まるようになり気持ちもどんどん追いつめられ、ついにうつ病を発症しました。

うつ病の治療のため、会社を休職し自由な時間が増えたので彼女と週に2日くらい外出のリハビリを兼ねて会うようになったのですが、性行為をしようとしても全く勃起することができず、満足に性行為が行えない状況になりました。

男としての自信喪失

彼女と性行為ができないだけでなく、勃起しない自分にもの凄い焦りを覚えました。これまでは仕事で忙しいとはいえ、性行為自体はできていたのに全くできなくなってしまったのです。

何より勃起しないことに焦り、何か悪い病気なのかもしれない、うつ病で服用していた薬(抗うつ薬)の副作用なのかもしれないと思い、当時通院していたメンタルクリニックの医師に相談しました。

その結果、うつ症状の一つでEDになることがあるということを知りました。私は愕然とし、彼女に対してもどんどん自信を失い、このまま一生性行為ができないのかと悲壮感が漂ってきました。

EDの治療を始める

彼女に対し、自分の症状を詳しく伝えしばらくは性行為をするために治療が必要であることを伝えました。彼女は私の症状を良く理解してくれ、一緒に頑張ろうと言ってくれたので何とか彼女の期待に応えたいという思いでどのような治療をすれば良いのか一緒に考えED専門の病院へ通院することにしました。

現在でも多くの方がEDの治療はどのようにすれば良いのか悩んでいます。ストレス社会と言われる現代において、EDは決して珍しい病ではなく、一生懸命仕事をしている人、一生懸命になり過ぎている人ほど発症しやすいのです。

バイアグラで効果が出始める

私が最初に治療をしたのは1年半前でした。治療を始めると言っても何をすれば良いのか分からなかったので、最初は生活習慣を整え、適度な運動を取り入れることで元に戻るのではないかと考えていました。

そこで週に3日ランニングをするようにして、睡眠時間もしっかりと確保し1日3食バランスのとれた食事をすることを徹底しました。

しかし、一向に症状は良くなりません。彼女と性行為をしようとする度に途中で萎えてしまって満足できる性行為ができなかったのです。

彼女と性行為をする度にどんどん自信をなくしていき、不安にも駆られるようになりましたが、そこでようやく通院していた病院で処方されたバイアグラを使うようにしました。

最初はバイアグラを服用することに抵抗を感じていましたが、実際に使用すると自分でも驚くくらい効果があり、性行為をしている間も萎えることが無くなったのです。

これまで性行為に距離を置いていましたが、どんどん自信が回復し彼女とも普通に性行為が行えるようになったのです。

この時の感動は今でも忘れません。

これまでどうしても性行為ができず、どん底を見てきたので再び性行為が満足にできるようになったことは大きな喜びでした。

その後徐々にバイアグラを飲まなくても性行為が行えるようになり、現在はバイアグラも服用していません。

このサイトでは、私と同じように自信をなくしている男性のために、私が経験してきたED治療について詳しく情報提供することで少しでもあなたの不安や悩みが解決できればと思っています。

EDは克服することができます。焦らず一歩一歩前に進んでいきましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

“サプリメント” “サプリメント”


あわせてに読みたい関連記事

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ