EDを発症しやすいタイプ

2913345328

EDは誰にでも起こりうる疾患ですが、EDになりやすい人となりにくい人がいることも事実です。

EDに悩んでいる患者数は日本で1000万人以上と言われていますが、EDに悩まされる人は年齢だけではないのです。

EDは年齢だけではない

EDを発症しやすい年齢層としては、40代~60代が多いです。これはED治療をする専門医院の調査などでも明らかになっているデータです。

40代~60代というのは男性ホルモンの分泌量が年齢と共に低下していくので、勃起することが無くなったり、性欲自体が落ちてしまうことがあります。

またEDだけではなく、更年期障害を併発することもあり、怠さや頭痛、めまい、発熱などを引き起こすことがあります。

しかし、近年では20代、30代の人でもEDを発症し病院を受診している方が少なくありません。私自身も30代でEDを発症しましたし、バイアグラを使っている友人は20代で発症していました。

このようにストレスが溜まりやすい現代社会に置いて、EDは若い世代でも発症する可能性が非常に高くなってきているのです。

若い世代では自分がEDであることを認めたくないという思いから、病院を受診せず1人で思い悩んでいる方も多いので、正確なデータには反映されていないのです。

EDを発症しやすい性格

5617431992

EDを発症しやすい性格としては、「ストレスを感じやすい」、「自分が思っていることを我慢して言わない」、「緊張しやすい」、「生真面目」、「失敗や恐怖を感じやすい」、「責任感が強い」などがあげられます。

基本的に人としてはすごく「良い人」に見られる方が多いのです。

しかし、その裏でストレスを溜め込み、上手に発散することができていない人という側面も持ち合わせています。

私の場合は思ったこともグッと我慢して言わず、外面を気にして生活するタイプでした。「ストレスが溜まっている」と実感したことはありますが、発散の仕方が分からずどんどん溜め込みます。それでもなお外面を気にして他人との関係が崩れないように意識します。

また、仕事においても完璧を追い求め、少しでも不備があると自分を責めてしまうことが良くあり、とことん自分を追いつめた結果「うつ病」にもなりました。

責任感が強く、どんなことにも完璧を求める方は大勢います。しかし、ストレスのはけ口をきちんと確保している方は若くしてEDを患うケースは少ないと思っています。

EDを予防するために

EDになりやすいタイプだなと実感しているのであれば、これから先の生活習慣、人間関係、自己改革をしていかなければなりません。

老いと共に男性ホルモンの分泌量が減ってしまうのは誰でも同じですので避けることができません。しかし、その要素にこれらEDになりやすいタイプの性格が合体すればより早くEDの症状が出てしまう危険性があるのです。

そこでEDを予防するために効果的な方法は、まず規則正しい生活習慣と食生活、適度な運動を取り入れることです。中でも適度な運動は非常に重要で、運動をしていない人と運動をしている人とでは圧倒的に運動をしている人の方がEDになりにくいのです。

若い世代でもEDに悩まされている患者は多いということを知って頂き、EDを予防するための習慣を早い段階で身につける必要があるのです。

 
次の記事

「EDセルフチェック」はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

“サプリメント” “サプリメント”


あわせてに読みたい関連記事

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ