ED(勃起不全)とは?

現代のストレス社会において、EDを発症する人は年々増加傾向にあります。

自分ではストレスだと感じていない、疲れが溜まっているとは感じていない
場合でもEDの症状は出ます。

 

EDの基礎知識

EDとは「勃起機能の低下」を意味し「Erectile Dysfunction」の略で、日本語では「勃起障害」や「勃起不全」と訳されます。

勃起障害や勃起不全という言葉から分かるように、EDは男性機能を低下させ症状が重くなると勃起することができなくなります。

具体的には、勃起しても維持することができないために、満足に性行為が行えない、そもそも勃起自体しないという症状です。

勃起障害、勃起不全と一言で言っても発症原因は様々で、人によって一人ひとり症状は違います。しかし、大きな意味で慢性的に性行為が満足に行えないという一種の病気であると捉えることができます。

EDに悩む患者数

では、具体的にはどれくらいの人がEDに悩んでいるのでしょうか。

1998年に行われた調査では、成人男性の4人に1人が勃起が十分でなく、または維持することができず時々性行為ができない「中等度ED」もしくは勃起自体ができない「完全なED」だというデータがります。

また病院で治療を受けずに悩んでいる潜在患者数はさらに多く、EDに悩んでいる成人男性は年々増加傾向にあると言われています。

管理人の症状

私の場合は30代前半でEDを発症しました。

勃起をすることはするのですが、性行為の途中でなえてしまういわゆる「中折れ」タイプのEDでした。最初は「最近勃起ができない」と思っていましたがまさか自分がEDであるとは思っていなかったので治療など考えず放っておけば治るだろうと思っていました。

しかし、何度性行為を行おうとしても中折れで終わってしまい、徐々に男性としての自信を失っていき、性行為すること自体が怖くなってしまいました。

私は付き合っていた彼女に対してプレッシャーを感じるようになり、できるだけ性行為はしないようなデートを繰り返すようになりました。

その後半年くらいは性行為から避け続けていたのですが、ついに彼女の不満が爆発しもう自分1人ではどうにも対処することができないと思ったので病院へ行くことを決めました。

EDという症状があることは知っていましたが、「まさか自分が」という思いが強かったので、最初はショックを受けましたが、治療をして徐々に改善していく中で少しずつ性行為に対する不安や悩みが解消され、再び自信を得るまでになりました。

EDは放っておくよりも病院へ行き、正しい治療を行うことで早期に解決することができる症状です。もし、あなたが病院へ行くのをためらっているのであれば、私はできるだけ早く病院へ行くことを強くお勧めします。

 
次の記事

「ED(勃起不全)に悩む患者数」はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

“サプリメント” “サプリメント”


あわせてに読みたい関連記事

    None Found

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ