EDとアルコールの関係性

5619040409

仕事をしていると会社の飲み会や接待などでお酒を飲む機会が多いと思います。私はもともとお酒があまり飲めないのですが、やはり接待などでは飲まざるを得なくなってしまいます。

EDを患ってから特に気になったことが「お酒を飲むと勃起しづらくなる」ということです。

EDとお酒にはどんな関係があるのでしょうか。

飲酒はストレスを軽減させる

「酒は百薬の長」と言われるように、適度な飲酒は健康を保つ上では摂取しても問題ないとされています。しかし、ここでの適度な飲酒というのは、酔っぱらうまで飲むということでは当然ありません。

酔っぱらう前の段階でやめておけば身体には良い影響を与えますが、飲み過ぎは肝臓にも負担がかかるのでやめた方がよいですね。

さて、EDとお酒の関係ですが、お酒を飲むことによってストレスを軽減させる効果があるため、EDを招く「酸化ストレス」を軽減させるという意味では少量のお酒はED治療に効果的とされています。

「酸化ストレス」というのは、血管を傷つけるストレスです。具体的にはEDは様々な理由で陰茎の血管に血液がうまく流れなくなることで起こる一種の血管障害といえます。

この理由の一つに「酸化ストレス」があり、少量のお酒を飲むことで酸化ストレスを減らすことができるのです。

酸化ストレスを減らすメカニズムは、飲酒に寄って活性化した「アルコールデヒドロゲナーゼ」という控訴が活性酸素を分解し、酸化ストレスを減らします。酸化ストレスが減れば、血管の損傷も減ります。

このような理由から、「適度な飲酒はED予防につながる」と言われています。

飲み過ぎるとどうなる?

141441429

少量の飲酒はEDに対しても良い面で作用することがありますが、逆に飲み過ぎてしまった場合はどうなるのでしょうか。

お酒を飲み過ぎてしまうと大脳に対して過度の抑制が働き、性的な興奮まで押さえ込まれてしまいます。この状態がお酒を飲めば飲むほど悪化し陰茎が勃起しないという状態に陥ってしまうのです。

つまり、お酒を飲み過ぎると性的欲求を抑える信号が脳から出てしまうため性行為が行えない確立が高まるのです。

お酒を飲んだ時に性行為ができない場合は、お酒の量を控えてみて下さい。もしお酒の量を控えても陰茎が勃起しなかったり性行為が行えない場合はED治療薬を服用してみましょう。

お酒を飲むと治療薬の効果は?

お酒を飲み過ぎるとバイアグラやレビトラ、シアリスといった治療薬の効果が薄くなるということがあります。

私も実際にお酒を飲み過ぎた後にバイアグラをしようしたのですが、効果があまり実感できず飲まないよりはマシでしたが満足な性行為はできませんでした。

逆にお酒を少しだけに我慢してバイアグラを使用した場合は効果を実感することができました。このことからもお酒を飲み過ぎると治療薬の効力は下がるということがわかります。

お酒は陰茎が勃起しなくなるだけでなく、性欲自体が減少することもあるので、自分の適量範囲よりも一段階少なく我慢することが大切なのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

“サプリメント” “サプリメント”


あわせてに読みたい関連記事

    None Found

カテゴリー:EDの原因

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ