EDと気分の落ち込みの関係性

2254571068

EDの原因として一番多いのは「心因性のED」です。発症原因は人それぞれ違いますが、何らかの精神的不安、悩み、恐怖を抱えている人はEDを発症しやすいのです。

私の場合もうつ病になるくらいの心的要因を抱えてEDを発症しました。心的要因は簡単には取り除くことができない場合が多いので注意が必要です。

性欲と気分の落ち込み

性欲とは食欲などとは違い、自分が生きていく上で必ずしも必要なものではありません。そのため、性欲が減退してしまう可能性は非常に高いといえます。

若い人には関係ないのでは?と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、若くても性欲が減退してしまい性行為に興味が無くなってしまう方も少なくないのです。

私の場合はうつ病を患ってから性欲が減退してしまい、AVを見ても興奮することができなくなりました。通院していた心療内科の医師に「性欲が減退して不安です」と言ったところ、うつ病を患っている人の40%程度が性欲が減退してしまう傾向にあるようです。

性欲は誰にでもあると思われがちですが、精神的ダメージを負っている場合は若くても、高齢でも誰にでも出る可能性がある症状なのです。

性欲が減退した場合の対処法

3404987413

性欲が減退してしまった場合はどのように対処すればよいのでしょうか。

性欲が減退した場合にはバイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬の効果は半減してしまいます。これらの治療薬は性欲があることが最低条件なのです。

しかし、勃起することができない、性行為を満足に行えない、勃起しなければと焦ってしまうなど性行為自体を不安に思っている方には治療薬が効果的ですので試してみることをお勧めします。

一方性行為に興味を感じなくなってしまった場合や私のようにAVを見ても興奮しなくなってしまった場合は、焦るのではなく少し性欲の減退のことを忘れてリラックスできる生活を心がけて下さい。

性欲というのは考えれば考えるほど深い悩みとして脳が認識してしまうため回復させることが難しいのです。

そのため性欲のことをいったん忘れて、できるだけリラックスできる環境を整えましょう。また、普段AVを見ている方はAVではなくもっとイメージを膨らますことができる官能小説を読んでみることもおすすめです。

すでに目の前にある現実ばかりを見てしまうと、独創的なイメージが湧かないので人の裸をみても興奮し辛いのです。

官能小説であれば古典的ではありますが、自分の頭の中で妄想を膨らますことができるようになり、イメージすることによって性的欲求が芽生えてきます。

気分の落ち込みによってEDを発症してしまった場合は治療薬と併せて妄想できるような環境に身を置くことで回復させることができるようになります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

“サプリメント” “サプリメント”


あわせてに読みたい関連記事

    None Found

カテゴリー:EDの原因

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ