EDと年齢の関係

7977172962

人は年齢を重ねるにつれて様々な障害が出てきます。EDもその一つであり、EDと年齢には深い関係があるのです。

ストレスや性行為の失敗体験などの精神的側面と、加齢という肉体的側面がEDの原因にはあります。

EDを発症しやすい年齢

EDを発症しやすい年齢は一般的には40代というデータがあります。もちろん個人差はありますので

、絶対に40代になったからといってEDになるわけではありません。

しかし、日本人の4人に1人は性行為に関する何らかの障害を抱えており、この中で最も多いのが加齢によるEDの発症なのです。

私は30代でEDを発症しましたが、30代で発症する方も増加傾向にあります。理由としてはストレス社会と呼ばれる現代において、過労や精神的苦痛を感じることが多くなってきているからです。

20代の頃は男性ホルモンである「テストステロン」の分泌量が豊富なため、EDにはなりにくいと言われています。

具体的なEDの症状

加齢による具体的なEDの症状で多いのは、「中折れ」です。中折れとは性行為をしている最中に勃起を継続することができず、途中で萎えてしまう症状です。

中折れは加齢だけでなくEDの症状としては最も多いのです。若い世代でも中折れに悩んでいる方は多いので、加齢によって男性ホルモンである「テストステロン」が減少している状態であれば、中折れの症状がでることも理解できると思います。

また、疾患を抱えている方はEDを患いやすい傾向にあります。具体的には糖尿病や高血圧前立腺手術、更年期障害などです。

糖尿病や高血圧などは血管に与える影響が大きく高血圧の薬の中では副作用としてEDになることもあるのです。

これらの基礎疾患があると陰茎海綿体がもろくなるので、器質性(身体的な)EDになりやすいのです。

前立腺手術の場合は手術をすることによって周囲の神経がダメージを受けることがあるので、EDを発症しやすくなります。

更年期障害は男性ではならないと思っている方も多いのですが、最近では女性同様に男性でも40代~60代にかけて更年期障害の症状が出ることが分かっています。

この男性の更年期障害の症状の一つとしてEDがあるのです。

これらの症状は年齢を重ねるとどうしても障害が出やすくなるので致し方ない部分はありますが、日頃の生活習慣を見直し、適度な運動を取り入れることで症状を抑えることができるようになります。

また、これらの症状が出てしまった場合でも、バイアグラやレビトラ、シアリスなどの治療薬は効果を発揮します。

EDかなと感じたらまずは専門医に相談をすることが一番の悩み解決法です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

“サプリメント” “サプリメント”


あわせてに読みたい関連記事

    None Found

カテゴリー:EDの原因

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ