男性と女性の性行為に対する考え方の違い

5402984284

男性と女性では性行為に対する考え方は大きく違います。EDを患うと男性としての自信を失くしてしまい、日常生活や夫婦関係、恋人との関係にも支障が出てきます。

EDは多くの場合バイアグラなどの薬を服用すれば解決することが多いのですが、、、

日本人はセックスが嫌い?

私は自分がEDになるまでEDについて深く知ろうとしませんでした。まさか自分がEDになるなどとは夢にも思わず、これまでも普通に性行為ができていたからです。

しかし、EDの症状が出て病院に通院しバイアグラを実際に服用し始めてからEDについてかなり深く知りました。

その中で特に印象的だったのは、日本人のセックス回数が世界で一番少ないということです。それも3年連続でです。

私は男性であれば性行為がしたくて当たり前と思っていたのですが、どうやらその認識は間違いで世界的には日本人が一番回数が少ないのです。

しかし、私は日本人は性行為が嫌いなのではなく、性行為に対しての積極性に欠ける部分が大きな要因ではないかと思うのです。

男性と女性の性行為における考え方の違い

3132592448

男性と女性では性行為に対する考え方が違います。

男性の場合であれば性行為をするのは本能的な部分があり、極端に言うと挿入できて射精できればそれで良いという思いが強いと思います。

一方女性の場合は性行為を通じて愛情の深さを感じることに安らぎを求めるので、性行為は愛情表現の一つの手段と思っていることが多いのではないかと思います。

つまり、男性は性行為を欲求を満たすものと捉え、女性は愛情を感じる行為であると捉えているのです。

EDを患うと性行為自体ができないケースも多くあります。すると女性は自分に魅力がないのだと感じるようになり、男性は性行為ができない焦りを感じ両者の関係がぎくしゃくしてくるのです。

管理人の体験談

私の場合は交際している彼女がEDに理解を示してくれるようになり、病院へ通院して治療をするように優しく提案してくれました。

ストレスを感じやすい私は性行為が面倒になることもよくあります。また性行為をしたいと思っても勃起することができず彼女に対して申し訳ないと思うこともよくありました。

そんな時彼女は性行為自体ができなくても愛情表現をしてくれれば良いと行ってくれました。ここでも男性と女性では性行為に関する考え方が違うということが分かります。

私はEDの治療をするためにバイアグラを使用していますが、性行為ができるようになったことで自分自身に対する自信も持てるようになり、余裕が生まれてきています。

また、彼女の性行為に求める「愛情」もたっぷりと注げるようになり、彼女もある程度は満足しているのではないかと思います。

実際にED治療薬を服用してからは関係がより深くなりました。

性行為に対する考え方は男性と女性では違うということを理解し、女性が性行為に求めていることを知ることもEDを治療する上では必要なのではないかと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

“サプリメント” “サプリメント”


あわせてに読みたい関連記事

    None Found

カテゴリー:EDコラム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ