個人輸入のED治療薬は偽物が多い

6127240700

ED患者数は年々増加傾向にあります。主な要因としては現代のストレス社会によるものだと言われています。

そんな中で、ED治療薬として有名なバイアグラやレビトラ、シアリスをインターネットでも購入できるようになっているのですが、これには細心の注意を払う必要があります。

インターネットでは偽物も販売されている

私はED治療薬は必ず病院で処方された薬を服用しています。理由としては、インターネットで購入するよりも多少割高ではありますが、安全面や効力を考えたとき一番安心して服用することができるからです。

例えば「バイアグラ」という言葉でインターネットで検索すると本当にたくさんの販売業者のページがヒットします。そのほとんどは「個人輸入」になるのですが、個人輸入は価格は安く提供されていますが本物であるかどうかの区別がつきません。

全ての業者が偽物を扱っているわけではもちろんありませんが、最近のインターネットでの販売には注意するようにと言われています。

インターネットでの購入は責任の所在が不明になってしまうケースも多いので、偽物を送られてきても返品ができない、業者と連絡が取れない、副作用が大きすぎるなどのケースもあるので、購入する際には細心の注意を払う必要があるのです。

基本的にED治療薬は医師の処方が必要

DSCF1300

バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬は基本的には「医師の処方」が必要な薬です。しかし、現在の日本ではインターネットでも販売することができてしまうので、法律で明確に定められているわけではありません。

しかし、実際にインターネットで販売している業者が偽物を販売したり無許可で販売していたため摘発されているというケースもすごく多く耳にします。

日本ファイザー社のデータによると、個人輸入の8割は偽物であり、個人輸入での安易な購入は大変危険であると言われています。

そのようなリスクを負うのであれば、きちんと医師に処方してもらった方が安心して服用することができるのでメリットは大きいと言えます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

“サプリメント” “サプリメント”


あわせてに読みたい関連記事

    None Found

カテゴリー:EDコラム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ