EDと性欲の減退

2548943441

最近では高齢者だけでなく、若者の間でも「性欲の減退」がある場合が多いです。性欲が減退するというのはEDの症状です。

勃起することができなくなったから性行為に対する自信、女性に対する自信がなくなり結果的にEDと診断されることも珍しくありません。

性欲の減退が起こる理由

性欲の減退が起こる理由としては、「年齢的な原因」、「男性の更年期障害の症状」、「過去の失敗体験から自信を無くす」などがあります。

年齢的な原因としては、50歳を超えたあたりから男性ホルモンの分泌量が落ちいわゆる「思秋期」にあたるため自然と性欲が減退します。

男性の更年期障害の場合は、更年期だけでなく20代、30代といった若年性更年期障害もあるため、一概に年齢だけでは判断できません。

男性の更年期障害の一つの症状としてEDもあるので、若くして性欲が無くなる場合は男性の更年期障害の症状である可能性があります。

過去の失敗体験というのはトラウマのように心に強く残るので、性行為をする際に「また勃起できなかったらどうしよう」、「彼女や妻に対して申し訳ない」と思うようになり、次第に性行為を避ける状態になります。

外で性行為を行う際にもトラウマがあるので、性行為を遠ざけるようになり性欲自体が減退してしまうことも珍しくありません。

性行為を遠ざければ遠ざけるほど性欲は減退していくので、性欲がないと気がついた段階ではかなり症状が重くなっていることもあります。

性欲の減退を解消するには

7205067070

性欲の減退は簡単には解消できませんが、女性に対し興味を持つことは誰にでもあると思います。その興味を上手に性欲に変えられるのかが大きなポイントです。

例えば、彼女と性行為をしたくてしている場合は性欲が戻りつつある傾向ですし、しなければならないとある種の「義務感」を感じている場合は性欲がまだまだ戻っていない証拠です。

しかし、性欲が減退した場合でもバイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬は効果を発揮します。

通常ED治療薬は性欲が減退していると効果が半減すると言われていますが、私の経験では性行為ができるようになったことで性行為に対する自信が付き性欲が戻りました。

ED治療薬を飲むことで勃起することができるようになるので、性行為を最後までできるようになりました。このように性行為ができるようになったことで性欲が復活することもあるのです。

そのため、まだED治療薬を試していない方はぜひ1度バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬を使ってみることをお勧めします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

“サプリメント” “サプリメント”


あわせてに読みたい関連記事

    None Found

カテゴリー:EDの症状

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ