緊張型EDについて

5621720708

初めての性行為で勃起することができなかったり、中折れしてしまったことがトラウマになって性行為をする時に異常に緊張してしまう症状があります。

また、初めての性行為ではなくても、過去の失敗体験が尾を引き性行為中に勃起を維持することができなくなるケースです。

緊張型EDに多いタイプ

緊張型EDに多いタイプとしては、20代の若者に発症する可能性が高いです。

理由としては初めての性行為で勃起することができない、中折れしてしまったなどの失敗体験がトラウマになって2回目以降も「勃起することができなかったらどうしよう」や「勃起が維持できるか不安」という思いが先攻し焦ってしまうためです。

20代の頃は性行為に対しても男女共に積極的なので、「勃起しなければ」という焦りが出てしまうのです。

性行為をしていない時や、マスターベーションの時はスムーズに何も考えなくても勃起をすることができるのに、性行為のときだけ勃起することができないというのは非常に焦りを感じますし、性行為に対して自信がなくなるので、男女の仲も崩れてしまうことがあります。

私の場合は30代前半でEDであることが分かりましたが、それまでは性行為をする場面になっても自信がなく、勃起を維持してられる時間内に終了しなければと絶えず焦っていました。

このような焦りはますます勃起しづらくなる要因です。

勃起は本来男性が持つ性的興奮状態を表現するものですが、勃起することができなくなると男性だけでなく女性も「魅力がないのかしら」と自信をなくしてしまうケースもあります。

緊張型EDを克服するためには

4176526126

緊張型EDを克服するためには、「勃起を維持することができる」という自信を少しずつ回復させていくことが重要なポイントです。

そのためにはやはりバイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬を服用することで勃起を維持することができるようになります。

ただ、「勃起ができなかったらどうしよう」や「緊張でパニック障害」を引き起こしてしまう場合にはED治療薬の効果が半減してしまうこともあります。

そのため、ED治療薬と同時に精神安定剤を併用することで「一時的なパニック」を防ぐことができるようになります。

ED治療薬と精神安定剤は併用して服用できますし、男性専門のクリニックへ行くとED治療薬と共に精神安定剤を処方してもらうこともできますので、一度医師と相談してみると良いでしょう。

緊張型Dは20代の若者が中心ですが、これまで性行為をすることがなかった男性や、成功体験よりも失敗の体験の方が大きかった方は緊張型EDになることもあるのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

“サプリメント” “サプリメント”


あわせてに読みたい関連記事

    None Found

カテゴリー:EDの症状

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ