バイアグラとお酒の併用について

121543022_6d9ba63a4e_m

性行為を行う前にお酒を飲む人も多いのではないでしょうか?

私はわりとお酒が好きなので、性行為をする前に飲酒をしていることが多いのですが、バイアグラを初めて服用する際には「お酒で服用しても良いのか?」という疑問がありました。

 

バイアグラはお酒で服用してもOK

バイアグラについて医師の説明を聞いた際に、「お酒で服用しても問題ない」と言われ驚きました。

ただ、実際に私は「水」で服用した場合と「お酒」で服用した場合ではお酒を飲まずに水で服用した場合の方が効果は高いと感じています。

お酒でバイアグラを服用するメリットとしては、お酒を飲むことで精神的にリラックスすることができるので、バイアグラの効果を引き出すことが可能と言われてます。

ただ、注意すべきは適量以上のお酒を飲んでしまった場合、バイアグラの効果を全く実感できなくなってしまうので、飲み過ぎの後は使用を控えた方が良いと思います。

お酒の強さに関しては「個人差」がありますし、EDの症状にも「個人差」があるので、一概にどの程度お酒を服用したら効力が落ちるかということは分かりません。

しかし、自分の中で「酔っぱらった」と思ってしまうほどお酒を飲んだ後ではバイアグラを服用しても効果を実感できないことが私の場合はあったので、お酒を飲んでからバイアグラを服用する場合は飲み過ぎには十分注意して下さい。

バイアグラの服用量について

6218316089_749e43dcc4_m

糖尿病の方でも多少お酒を飲んでしまう方もいるのですが、糖尿病の気がある方や、糖尿病の方、極度の肥満の方、高血圧やうつ病の治療薬の副作用によるEDの方はバイアグラ50mg1錠では満足のいく結果が得られない場合があります。

そのような場合はバイアグラ50mgを一気に2錠服用することができますが、この場合は一度必ず医師に確認してから服用して下さい。

また、バイアグラで効果を2錠服用しても効果を実感することができない場合は、「レビトラ」というED治療薬があるのですが、レビトラを1錠服用すると効果を実感することができる場合がありますので、医師に相談してみると良いですね。

ED治療薬は容量を守って服用することでEDで悩んでいたことがウソのように勃起することができますし、勃起を維持することができるようになります。

しかし、容量を守らないとかなりぼーっとした感じにもなって逆に性行為自体を行える状態ではなくなってしまう場合もあるので、自己判断で服用量を増やすことはやめて、医師の指示に従い、バイアグラ以外の薬で試してみると良いでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

“サプリメント” “サプリメント”


あわせてに読みたい関連記事

    None Found

カテゴリー:EDの治療と予防

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ