管理人プロフィール

 

初めまして。

「ED(勃起不全)克服サラリーマンの体験記」管理人のSHOGOです。

この度は当サイトへご訪問下さりありがとうございます。

自己紹介

プロフィール

HN:SHOGO

年齢:1980年生まれ

現住地:埼玉県

仕事:某保険会社のセールス

趣味:ランニング、登山、スノーボード

座右の銘:継続は力なり

 

私がED(勃起不全)を患ってから克服するまで

私は現在32歳ですが、ED(勃起不全)だなと実感したのは2年前の30歳の時です。当時私が付き合っていた彼女と性行為をしようとしても全く勃起することができなくなったのが始まりです。

その場の1回だけなら悩まなかったのですが、その後性行為に及ぼうとする度に勃起はしてもすぐに萎えてしまって性行為が満足にできなくなりました。

最初はまさが自分がED(勃起不全)になるとは思ってもいなかったので、正直かなり焦りました。また同時に、彼女に対しても申し訳なくなり恥ずかしく思いました。

自慰行為はできるので、彼女と性行為する時だけ勃起しなくなるタイプのED(勃起不全)でした。彼女とも性行為が満足にできないことで喧嘩をしたこともよくありますし、また勃起しなかったらどうしようと思い悩む悪循環に陥りました。

 

病院には行きたくなかった

ED(勃起不全)は病院に行き、治療薬を飲むことで比較的多くのED(勃起不全)のパターンも回復させることができます。しかし、病院と言うと大げさな感じもしますし、敷居が高いイメージがあり病院に行くまでかなり悩みました。

何より恥ずかしかったんです。

男性であればみんなED(勃起不全)であることを恥ずかしがり、オープンにする人は稀ですよね。私も彼女の手前病院で治療するということが言えずに、病院には絶対に行かないと言い張っていました。

しかし、状況はよくなるどころか悪化し、彼女との性行為を避けるようになっていったのです。

 

どんどん追いつめられる現状を打破したかった

彼女との性行為を避けているとやはり彼女の不満も大きくなっていきます。また、彼女自身が自分に魅力が無いからだと自分を責めて泣くこともありました。

私は自分が悪いということを認めつつも、どうして性行為ができないほど勃起しないのかを理解できずにいたので、ED(勃起不全)の悩みと彼女との関係についての悩み、2つを抱えることになりました。

2つの悩みはなかなか簡単には解決しません。どんどん迫ってくる壁のように感じ、精神的にもおかしくなりそうな時がありました。(私はうつ病も患いました)

そこでまずは彼女との関係を修復するために、ED(勃起不全)の治療を始める決意をしました。彼女との関係がよくなることはED(勃起不全)の症状がよくなることに繋がると思ったからです。

インターネットで色々検索し、良さそうな病院へ行って治療を始めたのですが、最初に処方されたバイアグラが効果覿面で見事に勃起が持続するようになりました。

その後しばらく薬を処方してもらい経過観察していたのですが、徐々に自信を取り戻すことができるようになり、性行為を避けなくてもよい安心感が生まれ彼女との信頼関係も戻りました。

 

現在は

現在はうつ病の治療は継続しているものの、ED(勃起不全)は薬無しで性行為ができるようになったのでかなり改善されています。

彼女とはその後も仲良くしており、コミュニケーションだけでなくスキンシップも大切にしています。女性は男性と違い性行為に対する思い入れも違うので、私がED(勃起不全)になった時はかなり苦しんだようでした。

これからは彼女との信頼関係をさらに深くしていき、安心感を与えられ頼られる存在に慣れるよう頑張っていきます。

このサイトを通して1人でも多くの方がED(勃起不全)の苦しみを乗り越え、明るく素晴らしい人生に戻れることを心から願っています。

 

2012年12月10日

このページの先頭へ