バイアグラは死に至ることもある?

写真-1

ED治療薬として最も有名な薬と言えば「バイアグラ」です。あなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

実際に私もバイアグラを使用していますが、バイアグラは危険な薬と誤った認知をしている方も少なくありません。

バイアグラは危険?

バイアグラが危険だと思われるのは、バイアグラを使用した患者が死んでしまったという事例があり、当時の日本でも大きなニュースとなりました。

しかし、これは誤報です。

実際はバイアグラと一緒に服用してはいけない「ニトログリセリン」と併用してしまったため死亡してしまったというのが正しい情報です。

つまり、直接の死因は絶対に一緒には服用してはいけない薬とバイアグラを併用してしまったことなのです。

この情報が錯綜し混乱を招いたため、現在でもバイアグラは死に直結する薬で危険な薬だと思われている人も多くいるのです。

もともとバイアグラは高血圧の薬として開発された薬でその開発中に「勃起作用がある」ということが発見されました。

しかし、バイアグラは正しくは降圧剤の作用があり、血圧を下げることはありますが、心臓に悪かったり負担をかける薬ではありません。

ニトロ系の薬と併用すると血圧が下がり過ぎてしまうので危険なのです。

個人輸入は偽物が多い

写真

バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬は基本的には医師の処方が必要な薬です。しかし今日の状況を見ていると、インターネットでも安く医師の処方無しで購入することができます。

私はインターネットでバイアグラを絶対に購入しません。

その理由としては、バイアグラを開発したファイザー社が調べたところ、なんと8割ものバイアグラが偽物であったという結果を公表しています。

つまり、インタネーットで安く、処方無しで売られている薬のほとんどが偽物なのです。

バイアグラやレビトラ、シアリスといった薬は1錠1300円から2000円くらいするのですが、高額な薬であるため、何とか安く購入できないかと考えてしまうのでしょう。

しかし、偽物の薬を服用しても効果を実感できるという保証はありませんし、他の薬との併用、身体にかかる副作用も明確になっていない場合が多いので危険です。

多少の安さが命に関わる可能性もあるのです。

ED治療薬は必ず医師に処方してもらい、正しく用法用量を守って服用しましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

“サプリメント” “サプリメント”


あわせてに読みたい関連記事

    None Found

カテゴリー:ED(勃起不全) Q&A

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ